クライストチャーチにて

2006年 24歳。

前回の続きはこちら→『ようやくニュージーランド、始まり始まり。

 
 

さてさて、
フラットメイト(ルームメイト)のイアンとマイケルとの共同生活が始まりました。

マイケルはアメリカ人の大学生。
初めて会ったときは髪が青色だったアメリカ人。
しばしば違う女の子を家に連れてくるアメリカ人。
重度の高所恐怖症の僕をクライミングに連れて行ってくれたアメリカ人。

イアンは危惧していた通りゲイでしたが僕に害がなければ別に問題ございません!
はじめはイアンの部屋で寝ておりましたが、
頻繁にボーイフレンドが遊びに来るのでリビングで寝ることなるのですが、
夜な夜な壁の向こうから声が聞こえてくるのです。
耳を澄まさずとも聞こえてくるのです。

イアンはおそらく40歳を超えてると思われますが、ボーイフレンドのザックは18歳!!
すごくすごく温厚なイアンに対して、ザックはかなりぶっ飛び系の問題児。
元カレにも会ったことがありますがそっちも若くてぶっ飛んでおりました。
好みは人それぞれですな。

 
 
 

僕はと言いますと、
ニュージーランドに来た🎵と浮れるわけでもなく、
とにかく仕事を見つけて生活費を稼がねばならないのです。

そこで!!

前回ちらっと書きましたがイアンはシェフをしているということで、
イアンの職場で働けないか??と。

クライストチャーチホスピタル。
でっかい病院の中のカフェ。

そんなこんなでニュージーランドに着いた次の日に病院のカフェでヘッドシェフとの面接です!

英語はほとんどできないのでイアンも一緒に3者面談。
どんな面接だったのか全く覚えておりませんが、
特に何ということもなく、
 
 
 
『じゃ、明日から働いてみようか??』

 
 
 
ま、ま、ま、まじっすか!?

入国2日目にして仕事ゲットです!!
しかも、現地の人が働くお仕事!!
待遇もしっかりです!!

『明日から〜』と言われたもののIRDナンバー(納税者番号)がまだわからないので『IRDナンバーが届いたら〜』ということになりまして、
入国して1週間で働き出しました。

 
 
 
『Great Escape Cafe』確かこんな名前のカフェ。
お客さんはお医者さんやら病院で働くスタッフやら患者さんの家族やらだと思います、たぶん、おそらく。

僕の仕事は夕方〜夜、
お客さんの注文の料理を作りつつ次の日の仕込みをする、というもの。
メニューは『ハンバーガー』『フレンチフライズ』『フィッシュ&チップス』『ケバブ』『グリークサラダ』などなど。
夜はお客さんが少ないので慣れてきた頃にはキッチンは1人でやっておりました。
夕方に出勤すると仕込みのリストを渡されて『これはこうこうこうでこうしてねー!バイバーイ🎵』と帰っていくのです。

ただ、
この『1人で仕事』というのがですね厄介でして、
わからないことがあっても教えてくれる人もおらず、
ホールスタッフやらお客さんやらに何か聞かれても英語がわからなかったり、、、

仕事の内容は料理に関しては言葉がわからなくても手本を見せてもらえればだいたいわかるんですが、
口頭だけで言われてもあんまりわからないわけでして、
あんまりわからないにも関わらず、『凄くわかってるフリ』をしてしまうわけでして。。。

この『凄くわかってるフリ』をするというのは良くないです。
何一つ良いことないです!!
何一つ良いことないのにやってしまうんです。
『凄くわかってるフリ』。。。

わかってないのに『Yes,yes!!OK,OK!!』と言って
次の日の分のメロンを大量に切って帰るわけです。
次の日になると『メロンの切り方が全然違うじゃないの!!』と怒られるわけです。

『凄くわかってるフリ』というのは危険をはらみます。

そして、
『凄くわかってるフリ』というのは英語力の向上を妨げます。(わかってるフリをするとわからないまま話が進んでいくので最後までわからないまま終わってしまうのです)

そしてそして、『凄くわかってるフリ』というのは周りに『こいつ英語が結構できるな!』という印象を与えます。
すると、相手は易しい英語を使ってくれなくなります。
するとすると、さらに『凄くわかってるフリ』をしなくてはなりません。
するとするとすると、『Yuheiは凄く英語ができるね!』なんて言われたりもするのです。

そしてそしてそして、
残念なことに『凄くわかってるフリ』をしてしまう癖はこの後の人生ずーーーーっっっと続いていくのでした。。。

話はそれますが、僕は耳があまり良く聞こえないので旅人カレーのカウンター越しにお客さんと会話してるときとか全然聞こえてないことが多々あります。僕が『へぇ〜〜〜〜』とか『はぁぁ』とか言うときは聞こえてない可能性か高いです。これが俗にいう『凄くわかってるフリ』です。。。

 
 
 

そんなこんなでニュージーランドでの仕事の日々が始まったのでした。

つづく。

 
 

____________________________
旅人カレー
場所:福岡県糸島市前原西1-15-18
電話:092-329-0010
営業時間:11:30〜18:00
定休日:木曜日
HP:http://www.tabibitocurry.com/
Facebookページ:『旅人カレー』
Instagram:tabibito_curry